カスピ海ヨーグルトの菌の種類は?他と何が違うの?

ヨーグルトには色んな種類の乳酸菌が含まれています。乳酸菌の種類によって体にあらわれる効果に違いがあります。最近注目されているカスピ海ヨーグルトは、どんな菌の種類が含まれていて、他のヨーグルトとどんなところが違うのでしょうか。

市販されている一般のヨーグルトでは、ビフィズス菌やサーモフィラス菌、ブルガリア菌などの乳酸菌から複数の菌を種菌としています。カスピ海ヨーグルトでは、2種類の乳酸菌ともう1種類の菌が含まれています。もう1種類の菌は、乳酸菌ではありません。2種類の乳酸菌はクレモリス菌、リューコノストック菌で、もう1つはグルコノバクター菌です。カスピ海ヨーグルトの中で一番多く含まれているのがクレモリス菌です。クレモリス菌はカスピ海ヨーグルトの最大の特徴である粘りを作り出すものです。これは他のヨーグルトには含まれていません。乳酸菌ではないグルコノバクター菌は他の乳酸菌を増やし、粘質物質の生産を助ける働きをしています。カスピ海ヨーグルトは、これらの3つの菌が上手にバランスを取っているんですね。

他のヨーグルトは、だいたい37℃前後でよく増える菌が多いのですが、カスピ海ヨーグルトの菌は20℃から30℃くらいでよく増えます。これも他のヨーグルトとは違う点ですね。比較的低い温度で菌が増えてくれますので、家庭でも作りやすいのです。牛乳にカスピ海ヨーグルトの種菌を入れておいて室温に置くだけですぐに増えて酸性になり、他の菌の増殖ができなくなります。腐敗菌などが繁殖しなくなるんです。温度管理も簡単で作りやすいのも人気の秘密なんでしょうね。

最近では、市販のヨーグルトにもどんな乳酸菌が含まれているか表示されていますのでどんな乳酸菌が含まれているのか確かめてみると良いですね。カスピ海ヨーグルトには、クレモリス菌が必ず含まれているのが特徴です。数あるヨーグルトの中で、トルコアイスのようにぐんと伸びる粘りがあるのはクレモリス菌があるからです。この菌がないとあの独特の粘りは出ません。何度が菌を植え継いでカスピ海ヨーグルトを作ることはできますが、だんだん菌が弱ってきます。菌も生き物ですからね。ですから定期的に種菌は新しいものに取り替えるようにするといつも新鮮でおいしいカスピ海ヨーグルトが食べられます。新鮮なものでないと、カスピ海ヨーグルトの良い効果が得られなくなります。ヨーグルトの乳酸菌は生き物ですから、いつも新鮮なものが良いのは当然だと言えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です