カスピ海ヨーグルトが便秘に効果的なワケ

便秘にはヨーグルトが良い!と言われていますよね。でも、ヨーグルトを食べ続けているのに一向に便秘が改善されないと悩んでいる人は多いんです。市販されているヨーグルトに含まれている乳酸菌が表示されているのはご存知ですか。例えばR-1やガセリ菌などで、いろんな種類の乳酸菌があります。基本的に乳酸菌は便秘に良いのですが、人によって合う乳酸菌がいろいろなのです。ですから私はこのヨーグルトを食べたら便秘が治ったという人もいれば、私はあまり効果がなかったという人もいるんですよね。いろんなヨーグルトを食べてみたけれど、あまり便秘に効果が無かったという人は、カスピ海ヨーグルトを試してみましょう。

カスピ海ヨーグルトを2か月くらい食べ続けた人の排便回数や排便量が改善されたという研究結果があります。若い人も高齢の人も同じように良い効果があったという結果でした。カスピ海ヨーグルトが便秘に効果的なのはなぜなのでしょう。それは、カスピ海ヨーグルトに含まれている乳酸菌「クレモリス菌FC株」なのです。他のヨーグルトの菌の多くは、胃酸でやられてしまい、大腸まで届かないものでした。しかしカスピ海ヨーグルトのクレモリス菌FC株は、生きたまま大腸まで届くんです。そのため腸内に善玉菌が増え、便秘に効果があらわれるのです。お腹の調子が良くなると、当然大腸炎などにはかかりにくくなりますし、体の中に老廃物を溜めこむことも無いのでお肌の調子が良くなります。便秘がちだと吹き出物ができたり、肌の調子も良くありませんよね。カスピ海ヨーグルトは1日150gから200gが適量となっていますので、この量を目安に摂取してみてくださいね。

便秘は若い人だけではありません。年齢を重ねるにつれて便秘になる傾向があるそうです。腸の機能が低下して、便を押し出す力が弱まるからです。そのため病院で処方された下剤を常用している人も多いのですが、そんな人にもカスピ海ヨーグルトを毎日摂取してもらったところ、腸内にビフィズス菌が増え、排便状況が改善されたという結果が報告されています。カスピ海ヨーグルトのクレモリス菌FC株は、腸内環境を整える効果が他のヨーグルトと比べてもかなり大きいと言えます。便秘がちである、頑固な便秘で下剤をよく使っているという人にはぜひ摂取して欲しいですね。薬を常用するのは体に負担をかけてしまうのであまりおすすめできませんが、カスピ海ヨーグルトを毎日食べるだけで、薬は一切使いませんから安全で簡単な便秘解消法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です